VAPEを使う時のリキッド選び

昨今、肺がんになることを気にされてる方も増えてきてるので、VAPEを購入される方も多くいらっしゃいますね。この電子タバコは、海外でヒットされたものが私たちの国でも売られるようになったので、喫煙者の方が多く購入されてます。VAPEに使うリキッドの種類も、果物系やスーッとするメンソールなどございますので、お気に入りのフレーバーを選ぶことですね。このリキッド一本で普通のタバコ数十本分吸うことが出来るので、禁煙しようと思ってる方には、とっても経済的に感じられますね。タバコのいやな匂いも出ないので、子供のいる前でも吸えるのが嬉しいですね。喫煙者だけでなく、吸わない方もリフレッシュ感覚で吸う方もいらっしゃいます。回外では、ニコチン入りのリキッドが売られてますが、私たちの国では、健康重視してるので、ニコチン入りが売られてないのも、タバコを辞めようと思う要因かも知れないですね。

VAPEを高血圧の父親にプレゼントしました。

55歳になる父親が、職場の健康診断で高血圧と診断され、お医者様よりタバコをやめるように言われました。しかし父親は、まったくタバコをやめる気配がありません。大学の同級生が、電子タバコを使っていたので聞いてみると、禁煙に成功していると言うので、父親にプレゼントすることにしました。同級生がVAPEショップに連れて行ってくれたのですが、安価な電子タバコは、味がとても悪いと教えてくれたので、約4、000円のVAPE本体を2セット、交換用コイルを10個、リキッドは、タバコフレーバー・ブランデー・ウイスキー・コーヒー・ミントの5種類を購入しました。予算オーバーで、1万5、000円もかかってしまいましたが、このくらいが普通なのだそうです。3カ月後に聞いてみると、やはり禁煙をする気はないようですが、1日1箱吸っていた喫煙本数が、最高でも1日5本に減っているようです。また、母親に聞いてみると、間食をしなくなったようで、夜、良く食べていた菓子類を、口にしなくなったようで、代わりにエナジードリンク風味のリキッドを吸っているようです。血圧が下がりそうな生活習慣の変化がみられるので、それだけでもプレゼントして良かったです。

妊娠した嫁を一緒にVAPEをはじめました。

嫁は、結婚前から子供が出来たらタバコをやめると言ってましたが、いざ妊娠してみると、タバコをやめる気配が一向にありません。生まれてくる子供のためにも、タバコをやめてもらいたいのですが、嫁だけやめろとも言えず、一緒に電子タバコで禁煙に挑戦することにしました。ネットで読んでも良く分からなかったので、少々、遠かったのですが都心のVAPEショップに足を運びました。お店の雰囲気は、おしゃれで明るく、とても良かったです。店員さんは、とても親切で、いろいろな味を試飲させてくれました。勧めてくれた電子タバコ本体2本、交換コイル3カ月分、気に入ったリキッド6本を購入しました。実は、禁煙には成功できず、減煙中です。1日3本を食後に吸うことに決めて、あとは吸いたくなったらVAPEにしています。妊娠中に、ニコチン切れの禁断症状が起こってイライラするほうが、むしろ赤ちゃんに良くないかもしれませんし、1日3本でも生活習慣が大きく改善できたので良かったです。