ニコチン入りのVAPEは一定の制限を受ける

禁煙外来に行くと禁煙のための診断がされ、禁煙をするための処方がされることがあります。その時にたばこ以外からニコチンを摂取するガムや飴を摂取するように言われることがあります。これは医師による処方でないと得ることができません。ニコチンはたばこ以外から接種するときはかなり規制が厳しく行われています。普通の人が禁煙をしたいからと薬局に行っても売ってもらえません。VAPEは外国で広まり少しずつ日本で広まっています。日本でもリキッドと言われる液体は売られています。海外からも輸入されるのでそちらを買うことができますが、日本で一般の店から買うときはニコチン入りを買うことはできません。一応海外から個人輸入をするこおtで買うことはできます。しかし購入制限があるので何度もたくさん購入することはできないようになっています。

VAPEでたばこの本数を減らすことができる

仕事をしている最中にたばこを吸いに行く人がいます。喫煙者からすると普通の光景かもしれませんが、非喫煙者からするとさぼれてうらやましいと感じます。会社によっては一定の規制をしたりすることもあるようです。1時間に5分程度の休憩は必要です。その時間を使ってたばこを吸う、コーヒーを飲む、外の空気を吸うなど人それぞれ休憩ができるようになればいいでしょう。ある人は休憩時間にたばこを吸っていましたが、その半分をVAPEにしたそうです。それによってたばこの本数を減らすことができたそうです。もしこのままたばこの割合を減らしていければ将来的にはたばこを吸わないようになれるかもしれません。あくまでもこの人の例ですべての人がこのようになるとは限りません。うまくたばこの代わりにすることができれば、禁煙道具として使えます。

VAPEは火を使わないので安全な器具か

火災の原因としてたばこの火の不始末があげられることがあります。寝たばこをはじめ、道端などに火が付いたまま捨てる輩がいます。あまりよくないことですが、その人たちからすると悪いことをしている意識はないのでしょう。もしそのままどこかの家の中に入ったり、紙などを燃やしてさらに別物ものなどに燃え移ったりしたら大変なことになります。たばこを吸う人のマナーはなかなかよくなっていません。VAPEの場合は火を使わないことから安全と言われることがあります。仕組みとしては、リキッドと言われる液体を熱して水蒸気にしてそれを吸うようにしています。そのため直接火が出ているわけではありません。しかし全く安全なわけではありません。加熱するための装置がありますから、その部分が故障などをしたときに異常加熱をしてしまう可能性はあります。たばこに比べると安全とは言えるでしょう。